キャッシング返済計画上限金

できればキャッシングには頼りたくないが・・・

危ない借金!名義を貸してはいけません。


「消費者金融でお金を借りたいので名義貸しをしてくれないか」

「絶対に迷惑はかけない」



友人や、お世話になっている方から申し出を受けると

断れないものですよね。



けれどもその後、消費者金融から返済の催促を要求されて

困ってしまった、事情を聞こうと連絡しても

友人がどこに行ったかわからない…

そうなってしまったら一大事です。



まず、覚えておいていただきたいのは

基本的に、「名義貸しは自己責任」であるということ。

名義貸しをした事実は、消費金融側がお金を貸す際には

何の関係もないことですから、貴方が借りたこととなり

貴方に支払いの義務が生じます。



ですから、たとえどんなに名義貸しを頼まれても

絶対に受けないことが重要。

心苦しいかもしれませんが、きっぱり断りましょう。



万が一既に名義貸しをしてしまっていたら

相手からカードを取り返すなど、これ以上借金を増やさないよう

対策をとらねばなりません。

両者とも返済することができなければ、専門家に依頼して

債務の整理をしましょう。


お金を借りたい



キャッシングの上手な使い方

世の中にはお金に困った生活をしている方もたくさんいらっしゃると思います。生活費が不足してしまったり、急な出費に迫られてしまい借金をしなければならないケースも多いのではないでしょうか。周りの誰かにお金を借りることができない場合には、自分の判断で金融業者のキャッシングを利用するという手段もあります。

消費者金融や銀行などから借り入れができるキャッシングサービスですが、一度審査に通過して無事に契約することができた後は、融資可能枠内であれば好きな時に手軽に現金を用意することが可能になります。ATMなどから手間をかけずにお金を借りることができるので、ついつい必要以上に利用してしまうケースも多くなってしまいます。

キャッシングを利用した場合は元金の返済に加えて利息の支払いが義務付けられていますので、生活のために本当に必要な時にだけ利用するのが上手な使い方です。できる限り利息の負担を少なくするために金利の低い業者を選ぶことも大切ですが、利用する際には必要最低限の借り入れに抑えることも重要なポイントです。


職場で車が動かない状態に

私は、通勤専用の軽自動車を所有しています。職場までは1時間ちょっと運転する必要があるため、乗り心地などを重視してもう少し良い車に買い換えようかと考えています。



先日、その通勤用の車で出勤して仕事をしていたのですが、退社時間になってタイムカードを押して車に乗り込んだものの、キーを回してみても全く音がしないのです。バッテリーが上がったわけではなく、電力は供給されているようなのです。



既に夜になっていたので、メンテナンスは後回しにしてタクシーで帰ったのです。翌日もタクシーで出勤して、修理業者に車を引き取りに来るように依頼しておいたのです。



その後、車の状態や修理費用などを聞いたのですが、廃車してしまおうか考えてしまうほど高額だったのです。ですが、修理費用で新しく1台買うことは難しそうだったので、直すことにしました。



問題だったのは、準備できるお金が足りなくてキャッシングを利用したのです。キャッシングは、思い立ったらすぐに借りることができ、今回のようなトラブルにはすぐに対応出来て便利です。